40代は6割以上が負債≒住宅ローンを抱えていて、その世帯に限定すると、40代の平均住宅ローン残高は1,669万円。冒頭に書いた知人40代独女は今年中に負債額が0になるのだから、同世代平均より圧倒的に完済が早い。 40代の6割以上は住宅ローン返済中. 住宅ローンの賢い借り方は、35年で契約して20年で完済するがベストです。もし35年で完済しても、そこに待っているのは、単なるボロ家になった我家だけですから。そこで「35年で契約して20年で完済する」理由についてまとめましたので、ぜひご参考下さい。 新築住宅は20代、30代の方の購入が多いですが、中古住宅は40代以上の方が購入している傾向がわかりますね。 引用;国土交通省. 30代からスタートする住宅ローンは何年借りる? 住宅ローンについては多くの金融機関で以下の上限が設けられています。 住宅ローンの完済時の年齢は80歳未満であること。 住宅ローンの最長年数は35年 … マイホーム購入を検討している人なら、一度は「フラット35」という名前を聞いたことがあるでしょう。住宅金融支援機構が取り扱っている「フラット35」は、借入期間が35年間の住宅ローンと思っている人が多いようですが、それは間違い。借入期間は15年以上35年以内、かつ80歳になるまでで、35年に限られているわけではありません。 ほかの例をみてみると、ある大手都市銀行の住宅ローンは、変動・固定などの金利タイ … 住宅ローン基礎知識 年代別ケーススタディ. しかし、家を買う効果は次のように考えることもできます。家を購入することなく、リタイアメント後も家賃を払い続ける場合、家賃が毎月13万円とすると、年間156万円かかることになりますが、ローン完済後は、住居負担は大幅に軽減されます。 02 40代、50代が住宅ローン審査に通るためのポイント. 30代前半 であれば、 35年ローンを組んだとしても少しの繰り上げ返済を含め65歳の退職時に住宅ローンを完済 できるでしょう。 しかし、 30代後半では完済が70歳過ぎ になってしまいます。 そうすると収入もなくなり、年金でローンを返済しなければいけません。 40歳以上になると、30代の頃よりも年収が増えているケースが多いかもしれません。35年のローンを組める40代前半であれば、高額の物件を住宅ローンで購入することもできます。しかし、40代後半以降で住宅ローンを借りる場合は、完済年齢が高くなる分、審査基準も厳しくなる可能性があります。 50代で住宅を購入する決断をする。 建て替えや住み替えではなく、これから新たに住宅ローンを組むという方は少なくありません。 50代の住宅購入についてメリットとデメリットを解説します。 とくに30代から40代にかけては教育費などで出費がどんどん増えていきます。 よって30代で住宅ローンを組むときは、 30年や35年などの長めのローンを組み、余裕があるときはなるべく繰り上げ返済をして、定年までの完済を目指す. ただし、 共通しているのは80歳までに住宅ローンを完済 ... 30年 : 4,300万円: 4,960万円 ... 本ページでは50代の住宅ローンや審査に関する情報を確認してきました。もっと早く住宅ローンを組めばよかったと思っている方も住宅ローン借入限度額や定年退職のことを考えると、55歳、50 ライフイベント関係 ・定年退職を65歳と仮定 ・70歳時に自宅を売却すると仮定 ・住宅ローンの完済は30年後の78歳と仮定. 50代から住宅ローンを組む場合は、返済が問題なくできるか、リスクはないかを考える必要があります。50代からローンを組むと完済時の年齢が高くなりやすく、リスクが高いプランと言えます。念入りな計画を立て、無理なく住宅ローンを利用しましょう。 50代の住宅資金計画. 住宅ローンのシミュレーション 【元利均等返済】 借入金額:4200万円 住宅購入時までに完済するなど、住宅ローンを借りやすい環境づくりも忘れずに。 30代は起こりうる家計の変化を織り込んで返済計画を考える 今後のライフプランを具体的にイメージする. なぜ30代で家を買ったほうがいいのか、その理由を主にお金の面からくわしく解説します。30代、できれば35歳までに住宅ローンを組めば、約500万円もお得にできるということを、実際に計算して検証します。ぜひ、ご覧ください。 年金効果は住宅ローン完済後. 30代で住宅ローンを組むことを考えている方の多くがこうした疑問をお持ちなのではないでしょうか。, 住宅ローンを組みたいと検討中の30代の方の多くが気になっているのが、「必要な年収」「返済額の目安」ではないでしょうか。, まずは、住宅ローンの融資を受けるのに必要な年収と返済額の目安についてわかりやすくご説明してきましょう。, それでは、マイホームを購入する人がどの程度の金額の融資を受けているのか確認してみましょう。, 住宅金融公庫が運営を行っているフラット35では、融資を受けた方へのアンケートを実施しています。, そのアンケート調査結果によれば、注文住宅を購入する人の融資額は年収の7倍程度となっています。, 年収400万円の方が3,500万円の家を購入したいと思った場合、年収の7倍の融資を受けることを前提に逆算すると、2,800万円の住宅ローンを借り入れることになるはずです。, 購入する物件やねんによって借り入れ額はもちろん前後する可能性がありますが、おおむね1,000万円程度あれば充分だと言えるでしょう。, (※:個人同士の売買で消費税がかからない場合や、土地だけを購入した場合も含みます), 自己資金が500万円程度でしたら、融資の金額は3,300万になってしまうので、年収500万円程度は必要でしょう。, それでも年収400万円あれば、十分現実的なプランを立てて自宅を購入できるでしょう。, 低金利で特典も充実したおすすめの住宅ローンはこちらの記事で詳しくご紹介しています。, 3,000万円程度の住宅ローンの融資を受けるのであれば、住宅ローン減税制度を利用すれば毎年ローン残高の1%の金額を節税できます。, 住宅ローン減税を活用すれば、1.5%の金利で融資を受けたとしても実際の金利はそこから1%マイナスされた数字、つまり0.5%と考えることもできます。, 30代になって家庭を持ち、子供を作ろうと考えるようになれば、二人で住んでいた賃貸住宅も手狭になり、いよいよマンションもしくは戸建て住宅を購入したいと考える方も多いでしょう。, 30代で住宅ローンの融資を受けるのであれば年齢自体がリスクになることはほぼありません。, ただし、よく注意しておかないと、自分が想定した金額や条件で融資が受けられないこともあります。, 30代で住宅ローンの審査は、30代前半と30代後半で大きく意味合いが変わってきます。, 30代前半であれば、35年ローンを組んだとしても少しの繰り上げ返済を含め65歳の退職時に住宅ローンを完済できるでしょう。, かつては定年までの雇用が一般的だった日本ですが、今では人材の流動化も進み、35歳以上での転職も当たり前になっています。, 大卒の正社員でも就職後から3年以内に30%が転職をすると言われており、30代の人では転職をしたことがないという人の方が少ないかもしれません。, しかし、今の会社に就職してから1年未満だと審査において不利になる可能性があります。, 収入の良い会社に転職できたのでさっそく住宅ローンの融資を受けようと考えても、実際には融資の審査が通らないことがあります。, 審査では、毎月の返済が他にないか、またこれまでクレジットカードや携帯電話料金などの支払いを滞納したことがないかなどの信用情報が重点的にチェックされます。, 車のローンやその他毎月払っているローンがある人は、全て返済してから住宅ローンの審査を申し込みましょう。, またクレジットカードの滞納履歴があった場合は信用情報が回復するまである程度の時間が必要です。, その場合、1~2年程度は住宅ローンを組むことは延期し、自己資金を貯めておきましょう。, 融資を受ける際に注意しておきたいのは返済負担率を上げすぎては危険だということです。, 現在は年齢に応じて収入が自動的に増える会社は少なく、20代から30代は収入が伸びていても、30代から40代、40代から50代になるとき、皆収入が上がるわけではありません。, リスクを抑えたいと考えるのであれば現在の収入が60歳まで伸びないとしても無理なく返済できる住宅ローンの返済計画を立てていきましょう。, しかし、返済を急いだ結果、経済的な余裕がなくなってしまうケースも少なくはありません。, 自己資金を多く用意しておけば借りる金額自体が少なくて済みますし、有利な条件で融資を受けやすくなります。, 自己資金が重要なことはわかっていても、なかなか準備できないという方は多いでしょう。, 通常、年間110万円を超える贈与は課税対象となりますが、住宅取得資金に関してのみ条件によっては最大2,500万円まで両親及び祖父母からの贈与は非課税となります。, 贈与枠以上に資金を調達したいのであれば、住宅購入資金を借りるという名目で借用書を作成し、親からお金を借りましょう。, 全くの無利子での貸与は贈与とみなされてしまいますが、金利や期限を設定して、いつまでに返済を行うといった借用書を作成しておけば、贈与にはあたりません。, 親に頼ることで、住宅ローンの融資を受けるよりも安い金利で住宅資金購入用資金を調達できるでしょう。, 定年退職前に返済が終わらせたいのであれば、返済期間を短縮するプランを選択しましょう。, 実際に総支払額を比較してみるとわかりますが、返済掲載期間を短縮した方が、毎月の返済額を減らした時より総支払額が減る可能性が高くなっています。, また、融資を受ける金融機関は無料で繰り上げ返済が自由に行えるところを選びましょう。, 住宅ローンを利用すれば団体信用生命保険に加入ができるので、死亡時に遺族に住宅に関わる負債を残す心配がありません。, 30代で家を購入する際には、何年で返済するのか、月々いくらの支払いであれば続けていくことができるのか、きちんと計算しておくことが重要です。, また、30代前半と30後半では借りることができるローンの金額や条件に差が出る可能性もあります。, 「実際にどこの住宅ローンがいいんだろう?」と気になる方は以下の記事もあわせてお読みくださいね。, 事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。, 株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。, 自己資金を1,000万円も用意できないという方もいるかもしれませんが、そのような場合は親や祖父母など, 住宅ローン減税が受けられるのは従来ローン借入後10年間でしたが、2019年から13年に延長されました。, 住宅ローン減税についても念頭に置いて、毎月どの程度の額なら負担できるのかを検討しましょう。, 年収に占める年間の住宅ローン返済額の割合のことを言います。一般的には30~35%が標準だと言われています。, 交渉次第では返済負担率が高くても融資してくれる銀行もあります。ローン審査に不安がある方は、交渉の余地のある金融機関を選ぶ必要があります。, 自己資金0円の状態で住宅を購入するとなると、毎月の返済額も増え、35年をかけても返済が難しい可能性があります。, 住宅ローンを借りる際、多くの金融機関では加入が必須となっている生命保険の一種。団信に加入しておけば、, ただし、必要な保険まで解約しないよう慎重になる必要があります。医療保険やがん保険などの加入は、ご自身の状況にあわせて検討するようにしましょう。, その心構えなら問題ないでしょう。この記事でご紹介した注意点やコツを踏まえて、憧れのマイホーム購入を検討してみてくださいね。, 「住宅ローンってどうやって選んだらいいんだろう? 不動産屋さんにおすすめされたものでいいのかな……」 「とにか…, 35年ローンを組んだとしても少しの繰り上げ返済を含め65歳の退職時に住宅ローンを完済, 車のローンやその他毎月払っているローンがある人は、全て返済してから住宅ローンの審査を申し込みましょう, 無理なく、計画的に定年前に住宅ローンを完済するために必要な準備と返済計画の立て方のコツ, 住宅取得資金に関してのみ条件によっては最大2,500万円まで両親及び祖父母からの贈与は非課税, 何年で返済するのか、月々いくらの支払いであれば続けていくことができるのか、きちんと計算しておくことが重要. 40代で住宅ローンを組む場合は、あらゆるリスクを考慮する必要があるため、「40代で住宅ローンを組むリスクとその対処法を知りたい」「40代での住宅ローンの組み方がわからない」「老後の生活のためのお金が足りなくなりそう」といった不安もあるのではないでしょうか。 2)ローンを組み、返済が可能かどうか知りたい. 30~40代での住宅ローン返済計画が「老後破産」を招く! 激増する「老後破産」(1) 国内 社会 週刊新潮 2015年9月10号掲載. 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、パートで働く50歳の主婦の方。貯蓄を住宅ローンの繰上返済に充てて完済したいが、コロナ禍の減収、今後の教育費を考えると不安とのこと。 価値観やライフスタイルが多様化した今の時代、どのタイミングがよいとは一概には言い切れません。, 「実際に30代で住宅ローンを組んでいる方は、どれくらいの借入額で毎月どれくらい返済しているのか」, 30代前半で30〜35年のローンを組み、場合によっては繰り上げ返済もしながら、定年前に支払いを終える。, 気になるところではありますが、この数字は首都圏と田舎、新築か中古か、戸建てかマンションか、さらに同じ30代でも年収によって大きく変わってきます。, ただ参考になる指標をあげるとすると、30歳代でもっとも多いフラット35の利用者を対象に、住宅金融支援機構が行った調査があります。, 2015年度の調査では、建売住宅の購入者の借入額の全国平均は2,774万円、マンションが3,201万円となっています。, 共働き家庭のことも考慮すると、不動産サイト「SUUMO」が行った年収400万円以上600万円未満の人を対象にした調査も参考になります。, それによると、借入額は2,000〜3,000万円が45.2%と一番多く、月々の返済額は5〜10万円が75.8%となっています。, 簡単に言えば、以下のように年間の支払い額を年収の4分の1以下にするということです。, この数値と先ほどあげた実際の住宅購入者のデータを見比べると、30代で住宅を購入している人の多くは、比較的堅実な借り方をしているように思われます。, 住宅ローンの借入額と毎月の返済額を決めるうえでは、人生の三大資金「住宅資金」「教育資金」「老後資金」の三つを総合的に考え、将来の収入と支出がどのように変化するかを考える必要があります。, まずは収入についてですが共働きの場合、出産後に妻が退職したり、短時間勤務になるなどして、世帯収入が減る可能性があります。, 支出でまず考えなくてはならないのが、一人1,000万円以上とも言われる教育費です。, とくに中学入学から大学卒業のもっともお金がかかる時期に毎月、無理なく支払える返済額に設定する必要があります。, ボーナスも会社の業績次第で出ないということもありえます。ボーナス払いはやめて、ボーナスが出た場合は繰り上げ返済にあてる、という考え方をしたほうが安心です。, 借入総額を減らすうえで一番有効なのは、頭金を増やすことです。しかし30代前半ではまだそれほど頭金がたまっていないことも多いと思います。, 低金利の今の時代、頭金をためるために賃貸生活を続けることが、必ずしも得策とは限りません。, 現在、住宅購入資金として親から贈与してもらった場合、700万円までは非課税となります。, 30代で長期のローンを組むうえで気をつけなくてはならないのは、場合によっては定年退職後も返済を続けなくてはならない可能性があることです。, 35歳で35年ローンを組むと完済時は70歳です。定年が延長される傾向があるとはいえ、60歳以降は収入が大きく減り、年金も65歳からしか支給されません。, 20〜25年の短期ローンにすれば60歳で完済できますが、月々の負担は大きなものになり、生活の余裕がなくなることもあります。, よって30代で住宅ローンを組むときは、30年や35年などの長めのローンを組み、余裕があるときはなるべく繰り上げ返済をして、定年までの完済を目指すのが現実的でしょう。, 定年までに払い終わらなければ退職金で払えばいい、と考える人もいるようですが、退職金は老後の大切な生活資金です。, 住宅ローンを組むときに誰もが悩むのが、金利を変動にするか、固定にするかです。低金利時代の今、変動金利はネット銀行なら0.5%以下のところもあります。将来、金利が上がるリスクはあるものの、いまのところ急激に上がるとは考えにくい状況です。, また変動金利は金利が安いため、固定金利より早く元本を減らすことができます。毎月の返済額を抑えられるため、いざというときの出費にも対応できます。, 金利の高い固定で借りるより、変動金利で繰り上げ返済をどんどんして残高を減らし、トータルの借り入れ期間を短くすることもできます。共働きなどで収入が高い割に借入額が少ない人や、住宅購入後も十分な貯蓄ができる人にはおすすめです。, とはいえ35年という長い間には何が起こるかわかりません。将来、金利があがるかもしれない、という点に不安を感じる人は少なくないようです。, また今は、35年固定金利も1%台のものが多く、昔の変動金利レベルに低くなっています。, 毎月の支払いを一定にし、できるだけリスクを減らして安心して暮らしたいという人には、固定金利がおすすめです。, ローンの返済額が一定だと、教育費や老後の資金など、他の予算の計算がしやすいというメリットもあります。, またこのような固定と変動のデメリットを減らし、メリットを生かすために両者をミックスしたプランもあります。, ある程度のベースとなる部分を長期固定で借り、それ以外を変動金利にしてなるべく繰り上げ返済していこうという考えかたです。, 住宅金融支援機構と銀行が共同で行う事業で国からの援助があるので、金利が長期にわたって変わらないうえ、通常の銀行ローンより金利が低いのも魅力です。, 通常の銀行ローンでは義務づけられている団体信用生命保険への加入が任意となっており、団体信用生命保険に入らずに借り入れることも可能です。, 繰り上げ返済の手数料がかからないので、計画的な繰り上げ返済を考えている人にもおすすめです。, 30代で住宅ローンを組む場合は、期間をなるべく長めにとり、リスクもできる限り抑えるのが基本です。, 同じ30代といっても、共働きで高収入な世帯、親からの援助が見込める人、30代後半の人とでは、考え方も最適なローンも変わってきます。, 人と比べるのではなく、収入と支出、今後のライフプランの長期的な変化を見すえ、自分にもっとも合うものを選びたいものです。, 住宅ローンをどこの金融機関で組むのかを考える際は、妥協をせずに選択するようにしましょう。, できるだけ多くの金融機関で見積もりを取り、自分に最適な住宅ローンを組むことが大切です。, 住信SBIネット銀行の「ネット専用住宅ローン」をぜひ比較対象に加えてみてください。, また保証料無料はもちろん、団信・全疾病保障等の保険料、返済口座への資金移動、一部繰上返済の手数料まで無料です。, 特に30代ともなると「なるべく繰り上げ返済を行い早めに完済してしまいたい」と考える人も多いでしょう。一部繰上返済手数料が無料と有料では、積み重なると大きな差が出てきます。, 住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンを詳しく解説した記事もありますので、参考にしてみてください。, 元広告代理店勤務。nanairoでは不動産・暮らしやお金・節約術の記事を執筆しています。. つまり、住宅を取得する人たちの平均年齢は30代後半から40代前半で、特に中古住宅の取得者は40代が中心になっている。データ上では40歳を過ぎてしまったからといって、決して遅くはないということが分かる。 住宅ローンは45歳までなら最長35年返済まで可能な場合が多い 気になるのは、40 20代、30代、40代で住宅ローンを組む場合、どのような点に注意しなければならないのかを解説します。住宅を購入する際には住宅ローンを利用する人ほとんどでしょう。人それぞれライフプランが違うため、住宅ローンを組むタイミングも違ってきます。 のが現実的でしょう。 30代後半で住宅ローンを組んだ人の平均的な完済期間は約14年とも言われており、50歳になるかならないかで完済している人が割といます。 その一方で仕事の定年退職に完済できるように標準を合わせている人もいるので、この辺りはしっかりと夫婦で話しておきたいところかなと思います。