ホーム > オイルテラピーのやり方 > なぜオイルテラピーが必要なのか?

なぜオイルテラピーが必要なのか?

オイルテラピーの必要性について紹介いたします。

現代はストレス社会です。子どもからお年寄りまで食事、ライフスタイル、環境など様々なストレスを受けています。オイルには緊張を癒し、疲れた心と体を潤わせる働きがあります。

また、農耕民族であった日本人は、穀類、野菜が中心の食事だったため、毒素は主に水溶性のものが多く、温泉が水毒の排せつにはベストでした。しかし、食生活が多様化し、日々肉を摂取する人が多くなった今、油性の毒素によるアンバランスがふえてきました。この油毒を出す方法の一つが、オイルマッサージです。油性の毒は、布についた油汚れのようなものです。油汚れを洗うとき、最初に洗剤などで油をうかせ、お湯で洗います。人間の場合も同様、まず薬用化されたごま油を全身にぬり、体内から油性の毒を遊離させます。その後、発汗による汗、翌朝すっきり排せつがあることで体外に毒素を出します。