ホーム > ひまし油パックのやり方 > ヒマシ油パック(遠赤外線ひまし油湿布)の方法

ヒマシ油パック(遠赤外線ひまし油湿布)の方法

効果的なヒマシ油パックの方法について紹介いたします。

必要物品)

 

  • ヒマシ油
  • 遠赤外線温熱ベルト
  • フランネル1枚
  • サランラップ

 

やり方)

  1.  遠赤外線ベルトをONにして温めておきます。
  2. コットン・フランネルにヒマシクリスト(ひまし油)約100mlを浸してヒマシ油パッドを作ります。その際、フランネルの回り10cm程度大きめのサランラップを2~3重にして敷いておきます。
  3. 温かくなったヒマシ油パッドの中央部が右側腹部(肝臓付近)にくるよう直接肌にあてます。
  4. サランラップの上からバスタオルで覆います(寝具を汚さないため)。
  5. 遠赤外線温熱ベルト「パーマクリスト」をその上に巻いて締めます。
  6. 長く座ったりしているとヒマシ油が垂れるかもしれませんので、できるだけ体を横にしておくようにします。
  7. 温熱湿布時間は標準1時間くらいです。
    ※体質と体調に合わせて温度設定を行ってください。


ヒマシ油湿布の基本サイクル

  1. 1日1回、同じくらいの時間帯に標準1時間行ないます。小児やアトピーの人は、時間を短くして30分位行ないます。
  2.  ヒマシ油湿布は3日行い、その後4日間は休みます。
    (デトックスをうながすため、3日目湿布終了後、オリーブ油小さじ2杯をお湯といっしょに飲むことをおすすめします)
  3. 上記を3週間繰り返したら1週間休みます。4週間を1サイクルとし、各自の体調にあわせて繰り返してください。

ヒマシ油パックを行う際の注意

* 出血中の人や生理中はしないでください。
* 小児や寝たきりの人に行うときは、必ず終わるまで付き添ってください。
* 温熱ベルトを単独で腰や背の下に敷いて使うことはおやめ下さい。
ベルトを使うときは必ず体とベルトの間にバスタオルなどをいれてください。
* 気分が悪くなったときは中止してください。